ご挨拶
医院案内・地図
一般矯正
舌側矯正
インプラント+矯正
審美+矯正
ホワイトニングとは?
審美歯科
料金

〒444-0824
愛知県岡崎市上地町字新佐原65
TEL:0564-57-8188
デンタル・オフィス・ケイ

インターネット予約はこちらから
岡崎市の歯科医院 デンタル・オフィス・ケイ スタッフブログ
岡崎市の歯科医院 デンタル・オフィス・ケイ スタッフブログ
デンタルオフィスケイ携帯サイト

舌側矯正とは?

舌側矯正(歯の裏側)の治療は、1980年代に、日本、アメリカ、ヨーロッパで外見上全く見えない矯正装置として開発された技術です。

この治療方法がおこなわれた初期段階では、治療技術や、舌側矯正に使用する材料が未発達であったため、表側からの矯正治療と比べて治療期間が長く、治療結果が良くないなどの問題点がありました。
しかし、舌側矯正用超弾性ワイヤーの開発や治療行程の工夫などにより、治療期間、結果ともに、症例数、研修、勉強会をこなした矯正専門医であれば表側からの矯正治療と変わらぬ水準の治療が可能になってきました。

仕事の都合上、歯の表側に矯正装置をつけることができない方でも、日本で間およそ5,000名以上の方がこの治療法で矯正を受けています。

舌側矯正とは?
歯の裏側から矯正を行います。
△ ページのトップへ

舌側矯正の特徴

■メリット
矯正装置が見えない
・心理的ストレスを軽くできる
・歯の表側のエナメル質へのダメージがない
虫歯のリスクが低くなる
・スポーツなどによる外傷の危険性の減少
・歯が前に出ているケースではより前歯が後退しやすい
(奥歯が前に動きにくい特性があります)

■デメリット
不快感が生じることがある
・初期においては、発音しにくい
費用が割高である
・症例によってできない場合がある


歯を閉じた状態
歯を閉じた状態
歯の裏側
歯の裏側

■舌側矯正のすすめ
これまでの矯正治療の最大のネックは、矯正装置があまりにも目立ちすぎて、見栄えがよくないと言う点でした。
矯正治療は長期間にわたるため、装着している期間も長く、それが若い女性や社会的な制約の大きい方にとっては、矯正を敬遠させる要因になっていました。
ところが舌側矯正が開発されて、そう言う矯正治療のデメリットが一気に解決したのです。
舌側矯正のいちばんの長所は、審美性に優れていると言うことです。
矯正治療でも装置を長期間装着するのですが、少なくとも舌側矯正なら、装置をつけていることが外からはわかりません

舌側矯正により、患者さんの心理的なストレスを軽減し、矯正治療を前向きに捉えられるようになり、治療に対する心構えも違ってきます。
矯正治療は、患者さんが毎日の生活の中で行うものですから、患者さん自身が積極的に取り組むようでないとうまくいかないのです。

また、スポーツをする人や演奏する方にとって好都合だと言うことです。
歯の表側に矯正装置をつける唇側矯正では、何かにぶつかったり強い衝撃を受けると、ケガをしやすいのです。事故やケガが起こりやすいスポーツの世界では、舌側矯正のほうがより安全です。
またフルートやオーボエ、クラリネットなどの楽器を演奏する場合も舌側矯正なら邪魔になりません。

矯正前
矯正前
舌側矯正の特徴 矯正後
矯正後
△ ページのトップへ

舌側矯正の2つの治療方法

舌側矯正を受けるにあたり、2つの治療方法から選択をして頂くことになります。
■フルリンガル法
上下の両方の歯を裏側から治療するで矯正装置は全くみえません

■ハーフリンガル法
上の歯は裏側から治療して、下の歯は表側から治療するので下の歯についた矯正装置は若干見えますが、矯正装置の舌への圧迫感は少なくなります。


 フルリンガル法(上下舌側)ハーフリンガル法(上のみ舌側)
外見
装着感・発音△(1〜2ヶ月で慣れます)△(1〜2ヶ月で慣れます)
費用 表側装置の約5割高 表側装置の4割高
治療期間表側装置と変わらず
ケースにより短くなる
表側装置と変わらず
ケースにより短くなる

ひと昔前、舌側矯正は、治療期間が長い、きれいに治らない、適応できないケースがある等のことが言われてまいりましたが、現在の舌側矯正の技術水準は最新技術を研鑽され、表側から行なう矯正治療と、治療期間、治療結果ともに全く同じように治療可能です。
また、以前から問題とされた発音が不明瞭となる問題も、矯正装置のスリム化により改善されてきております。

 
無料相談を受け付けております。
デンタル・オフィス・ケイ
〒444-0824 愛知県岡崎市上地町字新佐原65番地
診療時間 9:00〜13:00/15:00〜19:30 休診日 木曜・日曜・祝日
当院へのアクセスはこちら
△ ページのトップへ